愛知県西尾市で14日午前、85歳の女性が乗用車にはねられて死亡する事故があり、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕された同市の女性が、当時スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を使用していたと供述していることが15日、西尾署への取材で分かった。

 同署によると、女性はポケモンGOのゲームの履歴が分かる「ぼうけんノート」を見ながら運転していたと説明しているという。同署は既に女性を釈放し、容疑を過失致死に切り替えて任意で調べる。

 事故は14日午前10時15分ごろ、西尾市平坂町の県道で発生。同市上矢田町北野、無職永田よしさんが道路を横断中に車にはねられた。永田さんは病院に搬送されたが、全身を強く打ち約1時間半後に死亡した。

 ポケモンGOを巡っては、県内で2016年にゲームが原因の死亡事故が2件発生したほか、各地でも事故が起きたことから、一定の速度以上で移動するとアイテムを入手できないなどの仕様になっていたが、ぼうけんノートの履歴は閲覧できる状態だった。(共同)