友人宅から現金1000万円を盗んだとして、警視庁少年事件課は16日までに、窃盗容疑で東京都江東区に住む区立中学3年の少女(14)を逮捕した。逮捕は15日。

 少年事件課によると、少女が現金を盗んだのは小学校時代の同級生宅で、日常的に遊びに訪れていた。リビングで保管されており、盗んだ経緯や詳しい動機を調べている。

 現金は同じ中学校の同級生約10人に最大100万円を配るなどしていたという。回収できたのは計約790万円で、同課が残りを探している。少女は「仲間外れにされているように感じ、ストレスがあった」などと話している。

 逮捕容疑は1月初旬~2月27日、江東区の無職女性(41)の自宅から現金1000万円を盗んだ疑い。

 同課によると、2月中旬、少女の母親が、少女の部屋のクローゼット内に金融機関の帯封が付いた現金が入ったトートバッグがあるのを発見。少女は「知らない男から預かった」と説明し、一時母親が保管していたが、その後少女が持ち出して同級生に配った。(共同)