高島屋は16日、京都店で販売した限定100体の人形が1人の客に買い占められたことを受け、同じ人形の日本橋店での販売方法を先着から抽選に見直したことを明らかにした。

 人形は画家の故中原淳一氏の絵を再現した「ロリーナ」という名前の女の子の人形で、1体12万4200円。京都店では3月に先着順で販売し、1人の男性客が全て購入した。日本橋店では5月16、19、20日の3日間の販売を予定している。

 新しい販売方法では、抽選に加え、購入可能数を1人2体から1体に変更。同一住所への配送は1体までとし、支払いも代引きのみとした。購入希望者は応募券を店舗で受け取って申し込む。

 高島屋は「京都での販売方法についていただいた多数の意見を真摯(しんし)に受け止め、販売方法を変更した」としている。(共同)