財務省が福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑を巡り報道各社の女性記者に調査への協力を要請したことについて、閣僚からは17日の閣議後の記者会見で「被害者の立場に立てば高いハードルだ」(野田聖子女性活躍担当相)といった疑問の声が相次いだ。

 野田氏は「セクハラ被害者は家族にも相談できないのが現実だ」と指摘。財務省が同省の顧問弁護士に調査を委託したことに関し「あえて加害者側の関係者である弁護士に説明することはできないのではないか」とも語った。

 松山政司1億総活躍担当相は「女性側に過度な負担をかけることがないように配慮が大事ではないか」と強調。鈴木俊一五輪相は「女性記者が特定され、さらに嫌な思いをすることがないように十分な配慮が必要だ」と述べた。(共同)