13日午後7時ごろ、千葉市稲毛区小仲台2丁目の居酒屋「三代目 浜包丁」で、女児2人を含む家族4人が男に包丁のようなもので切り付けられるなどし、病院に運ばれた。千葉県警によると、6歳ぐらいの女児が死亡した。40代の母親が上半身、40代の父親が太ももを負傷した。いずれも意識はある。もう1人は1歳ぐらいの女児で、けがの有無を含め確認中。

 県警は殺人未遂の疑いで男を現行犯逮捕した。黙秘しているという。捜査関係者によると、県警は男が元千葉市議とみて裏付けを進めている。

 県警によると、父親は県警に「男は妻の親族。突然大声を出して怒り、切り付けられた」と説明し、男が沖縄県から来て、久しぶりに親族で食事をしていたとも話しているという。

 店舗の運営会社によると、男と被害に遭った4人が一緒に来店し、個室に入った後、事件が起きた。女児1人は出血していたという。店舗関係者が騒ぎに気付いて個室に入り、男を取り押さえた。

 現場はJR稲毛駅近くの飲食店やマンションが立ち並ぶ地域。居酒屋はビルの2階にある。周囲には規制線が張られ、物々しい雰囲気に包まれた。

 現場近くの飲食店の男性経営者(54)は「突然、救急車やパトカーが来て、何かがあったと気付いた。直後に『うわー』という大きな叫び声も聞こえた」と驚いた様子だった。(共同)