福岡県警田川署は15日、商業施設でトイレに連れ込んだ男児(3)の尿を飲んだとして、強制性交の疑いで同県大任町、無職高下永容疑者(31)を逮捕した。「店とトイレには行ったが、男児はいなかった」と否認している。

 逮捕容疑は4日午後2時5分ごろ、同県田川市のディスカウントストアで面識のない男児に声を掛け、男子トイレの個室でわいせつな行為をした疑い。

 署によると、トイレから戻らない弟を心配した兄や母親が確認しに行くと、鍵のかかった個室から高下容疑者と男児が現れた。高下容疑者は、男児の排せつを手伝ったという趣旨の説明をして立ち去ったという。母親から経緯を聞き不審に思った知人が110番。署は防犯カメラの画像などから容疑者を追っていた。(共同)