愛知県警中川署は22日までに、住宅のベランダから女性の下着を盗んだとして、窃盗の疑いで、名古屋市の自称会社員落合朝康容疑者(53)を逮捕した。同署によると、周辺で同様の被害が相次ぎ、物干しざおのような棒を持ってうろつく男が目撃されていた。

 逮捕容疑は21日午前7時~午後10時ごろ、中川区内の女性看護師(41)がベランダに干したパンツ1枚を盗んだ疑い。容疑を認め「パンツを盗むために棒を持っていた」と供述しているという。

 中川署によると、数日前に被害に遭った女性が同日午後、棒を持って歩く同容疑者を見つけ、夫と取り押さえた。同区内では1月以降17件の被害が届けられている。(共同)