海産物加工販売の「よっちゃん食品工業」(山梨県中央市)は31日、駄菓子屋やスーパーで人気の「カットよっちゃん」を6月から実質的に値上げすると発表した。原料のイカの価格が不漁で高騰しているため。

 希望小売価格30円(税抜き)の10グラム入りと、60円(同)の25グラム入りの販売をやめ、15グラム入りの50円(同)に統一する。袋の裏に「あたり」の印刷があると、もう1袋もらえる「当り付き」(10グラム入り)は5月末で販売を終了する。

 「カットよっちゃん」は一口大のイカに魚肉などを加えて酢漬けにした商品。1977年から販売しており「よっちゃんイカ」の愛称で親しまれている。(共同)