奈良県は13日、奈良市の奈良公園に生息するシカ1頭の首に矢のようなものが刺さっているのが見つかり、保護されたと発表した。軽傷の見込み。同公園のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良署は文化財保護法違反の疑いで捜査している。

 県によると、シカは推定4歳の雌で、体重約36キロ。矢のようなものは長さ約15センチで鉛筆の芯に紙を巻いた形状。首の左側に刺さり、1~2センチの深さだった。シカは治療を終え、元気に過ごしている。容体に変化がなければ14日に公園内に解放される予定。

 13日午前11時ごろから2回、奈良の鹿愛護会に「棒状のものが鹿に刺さっている」などといった通報が寄せられ、午後0時50分ごろに奈良市の春日大社参道付近で会が保護した。

 県奈良公園室の上平盛王室長は「シカにそのような行為をすることは神経を疑う。許せないことだ」と話した。(共同)