ワールドカップ(W杯)開催地の1つ、ロシア西部サンクトペテルブルクでは、世界有数の規模を誇るエルミタージュ美術館にすむ「予言猫」が注目を集めている。モスクワで行われるロシア-サウジアラビアの開幕戦の勝敗を占うほか、同地での試合を予想する。

 猫の名はアキレス。白い毛に青い目を持つ雄で、耳が聞こえない。対戦国の国旗をそれぞれ脇に置いた餌入りの2枚の皿から勝者を選ぶ。普段は美術館の守り神として暮らすが、昨年のコンフェデ杯では4試合中3試合の結果を当て一躍、有名になったという。