岩手県警宮古署は14日、宮古市田老の漁業山本源一郎さん(66)が自宅敷地内の小屋で飼っていたハト計約30羽の行方が分からなくなり、クマに食べられた可能性が高いと発表した。

 署によると、山本さんは13日午後9時ごろ、飼い犬がほえたため、家の外の様子を確認。小屋付近に体長約1・5メートルのクマがいるのを目撃した。

 クマが立ち去った後、小屋に近づくと、小屋の網に縦30センチ、横40センチほどの穴が開き、ハトの数が減り、羽根が散乱していた。14日朝に数えたところ、約80羽いたハトが約50羽に減っていた。

 山本さんは8日にも小屋が荒らされる被害に遭ったと話しており、署は、2回にわたってクマに襲われたとみている。(共同)