転売目的でアイドルグループ「AKB48」のコンサートチケットを購入したとして、警視庁保安課は14日までに、埼玉県迷惑行為防止条例違反などの疑いで相模原市の私立大4年、佐藤丈太容疑者(22)ら3人を逮捕した。

 ファン向けの会員サイトで、大量の偽造アカウントを使ってチケットを取得し、インターネットのサイトで転売していた。

 3人の逮捕容疑は昨年10月25日、転売目的で、奈良市などが会場のチケット20枚を9万6千円で購入した疑い。

 保安課は3人の他、新幹線にキセル乗車したとして、鉄道営業法違反の疑いで東京都八王子市の私立大2年の男(21)も逮捕。佐藤容疑者らを含めた4人は他にもチケットの転売や、コンサートに訪れるファンのキセル行為の手伝いをしたとみて捜査している。

 保安課によると、佐藤容疑者らは800人分の偽アカウントを使用。チケットを転売する際には、会場に入るのに必要となる保険証や住民票の偽造品も一緒に売っていた。チケットの値段は実際よりも2~5倍としており、1年半で約460万円を売り上げたという。(共同)