静岡県警は27日、10代の男性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで県警生活安全部人身安全対策課の警部朝倉寛之容疑者(45=同県御殿場市竈)を逮捕した。

 逮捕容疑は25日午後9時ごろ、走行中の列車内で10代の男性にわいせつな行為をした疑い。

 捜査関係者によると、朝倉容疑者は同日、児童虐待対策の会議に出席した後、知人らと飲酒。御殿場市の自宅に帰るため酒に酔った状態でJR東海道線の普通列車に乗った。男性から被害申告を受けた駅員が110番したという。

 静岡県警の高橋靖警務部長は「警官が県民の信頼を損なうような罪を犯したことは誠に遺憾。被害者と県民に深くおわび申し上げる。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とのコメントを出した。(共同)