横浜市の点滴連続中毒死事件で、殺人容疑で逮捕された元看護師久保木愛弓容疑者(31)が任意の事情聴取に「自分の勤務時間中に入院患者が亡くなると、遺族への説明が面倒だった」との趣旨の話をしていることが9日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警は自分の勤務時間外に死亡させようとした疑いがあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、入院患者への消毒液の混入は、事件発覚の「2~3カ月前からやった」と供述。旧大口病院(現横浜はじめ病院)では2016年7月から発覚した同9月までに48人の患者が死亡。久保木容疑者は「20人ぐらいやった」とも話しており、長期間にわたって患者を狙った疑いもある。

 久保木容疑者は以前、担当患者が死亡した際に同僚らから自分のミスの可能性を指摘されたと説明。点滴に消毒液を混入して死亡させることを考えるきっかけになった可能性があるが、供述は変遷しているという。

 16年9月18日に殺害された西川惣蔵さん=当時(88)=の点滴に消毒液が混入されたのは、看護師の引き継ぎ時間帯とみられる。久保木容疑者はその日夜勤で、シフトが始まる2時間前の午後3時ごろ出勤。西川さんは午後5時前に容体が急変し、午後7時に病死と診断された。患者の八巻信雄さん=当時(88)=は勤務終了後の同20日未明に死亡した。

 この2人の体内と、同16日に死亡した女性=当時(78)、同18日に死亡した男性=当時(89)=からは、消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出されている。4人はいずれもナースステーションがある4階に入院していた。

 神奈川県警は9日、久保木容疑者を送検した。(共同)