10日午前、広島県府中町を流れる榎川が氾濫した。同町は午前11時50分、川の周辺地域に避難指示を出した。流木が川のカーブや橋にたまって川がせき止められ、その周辺で水があふれ出たとみている。

 県警によると、同日午前11時ごろ「道路に水があふれている」との110番があった。決壊した形跡はないという。町によると、上流にある砂防ダムから水があふれ、川の水量が増えた可能性がある。川の周辺は住宅が立ち並ぶ地域。(共同)