警視庁深川署は10日までに、自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、埼玉りそな銀行の行員谷崎勇太容疑者(30=さいたま市浦和区)を現行犯逮捕した。深川署によると、「仕事のストレスと興味本位で、昨年7月から覚醒剤を使っていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は6日、さいたま市内の自宅マンションで覚醒剤約1・5グラムを所持した疑い。

 6月下旬に深川署に同法違反(使用)容疑で逮捕された女が、谷崎容疑者と覚醒剤を使ったと供述し発覚した。深川署は会員制交流サイト(SNS)で知り合った女性らを自宅に呼び、一緒に覚醒剤を使用していたとみて詳しく調べている。(共同)