奈良県警橿原署は10日、女性の足や腰などを触ったとして、県迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)の疑いで、奈良地検検察事務官の竹本恵章容疑者(37=奈良市菅原町)を逮捕した。

 逮捕容疑は、9日午後11時25分ごろ、奈良市西大寺国見町の近鉄大和西大寺駅のホームで、帰宅途中の大学生の女性(20=同県宇陀市)の右足や腰などを触った疑い。

 女性が容疑者を大和八木駅で駅員に引き渡し、駅員が110番した。

 竹本容疑者は奈良市内で酒を飲んでいて「酒で全ての行動を覚えていないが、膝に手が当たったかもしれない」と話しているという。

 奈良地検は「誠に遺憾な事態。捜査の状況を踏まえ、適切に対応していきたい」としている。(共同)