上野動物園(東京都台東区)は10日、先月1歳になったジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香・雌)の体重が30キロになったと発表した。母親シンシンの約4分の1に成長。園は室内のハンモックで遊んでいる様子など新たな画像も公開した。

 園によるとジャイアントパンダは暑さが苦手。シャンシャンも最近は気温が高いときや夜間などは、室内で過ごすことが増えているという。

 体重測定は5日に実施した。昨年6月に生まれた直後は147グラムだったが、11月に10キロ、今年3月に20キロを超えた。

 5月以降ほぼ毎日リンゴを食べ、乳歯から永久歯への生え替わりが続いている。まだ母親のお乳も吸っており、竹をかむ様子は見られるが、餌として食べている形跡はないという。(共同)