秋田犬保存会は10日、大相撲の元横綱朝青龍でモンゴル大統領特使を務めるドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(37)に雄の子犬「マサオ」を贈呈する式典を、同国の首都ウランバートル近郊の草原で開いた。

 子犬は5月10日生まれの赤毛。名前は、平昌冬季五輪のフィギュアスケート金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)に贈られた雌「マサル」のいとこであることにちなんだ。

 式典はモンゴルらしい風景の中で行いたいとの元朝青龍関の希望により、モンゴルの夏の祭典「ナーダム」の競馬会場にもなっているフイドロンフダク草原で開催。日本からは東京五輪・パラリンピックで、モンゴルのホストタウンになっている東京都武蔵村山市の藤野勝市長らが出席。【共同】