西日本豪雨で被災し、無人だったコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)をこじ開けて現金を盗もうとしたとして、岡山県警は10日、窃盗未遂などの疑いで、岡山県倉敷市中島、自称建設業杉本一史容疑者(22)と同市の19歳の少年2人の計3人を逮捕した。

 逮捕容疑は9日午前11時半~10日午前4時ごろ、浸水被害で閉店していた同県高梁市内のコンビニに侵入し、店内のATMをこじ開けて現金を盗もうとした疑い。(共同)