盗撮行為をした男性から、被害女性の交際相手を装って現金100万円を脅し取ったとして、警視庁捜査1課は11日までに、恐喝の疑いで東京都渋谷区、職業不詳小泉真容疑者(24)ら男計5人を逮捕した。

 男らは盗撮行為をされた女性の交際相手や目撃者などを集団で演じて、金を脅し取る手口を繰り返していたといい、捜査1課は同様の被害が約30件あるとみている。

 逮捕容疑は4月7日、江東区のJR新木場駅構内で、男性(44)に「俺の彼女を盗撮してんだろ」、「警察に突き出す」などと言い、その後、現金100万円を脅し取った疑い。

 小泉容疑者以外の4人は、同様の手口を使った別の事件の恐喝未遂容疑で逮捕、起訴されている。(共同)