オウム真理教で教祖麻原彰晃を名乗った松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=の遺骨について、元死刑囚の四女(29)側は11日、海にまく意向を示し、国側に支援を求める要請書を出した。

 松本元死刑囚は6日の執行前、四女に遺体を渡すよう伝え、四女も了承。遺体は9日に火葬された。四女とは別に、三女(35)らも引き取りを求めていることなどから、遺骨は当面、東京拘置所で保管される見通し。

 11日、東京都内で記者会見した四女の代理人滝本太郎弁護士は、四女と相談して、遺骨を粉状にして太平洋にまくと決めたと説明。教団の後継団体「アレフ」の信者らが四女を攻撃したり、遺骨を奪還したりすることが想定されるとして、国が支援するよう求めた。

 滝本弁護士は「遺骨は信者にとって大変重要なものだ。(遺骨のある場所が)聖地とされないよう、太平洋の広い海にまくことが一番よい」と強調。執行翌日、松本死刑囚の遺体と対面し「顔をよく確認した。松本智津夫だった」とも述べた。(共同)