栃木、福島両県警の合同捜査班は11日までに、トラックやスポーツカーを盗んだとして窃盗などの疑いで、住所不定、無職中山稔被告(40)=同罪などで公判中=ら福島県と茨城県の男女を含む計10人を逮捕、送検した。捜査班は東北、関東の7県で計154台、約3億円相当の被害があったとみている。

 送検容疑は、2016年10月~18年2月、トラックなどを盗んだ疑い。

 栃木県警によると、中山被告らは盗んだ車を埼玉県などで別グループに引き渡し、1台あたり10万~100万円の報酬を得ていたとみられる。

 県警は昨年9月、盗難車が物損事故を起こしたのをきっかけに、盗品等保管容疑でグループのうち2人を現行犯逮捕。裏付け捜査を進めていた。(共同)