6月に行われたハンドボール男子の全国高校総体大阪府予選決勝で、大体大浪商の選手の肘が桃山学院の選手に当たる反則行為が試合後に認定された問題で、大阪高等学校体育連盟(大阪高体連)は10日、第三者調査委員会による調査報告書を公表した。

 肘打ちについては「加害意図は認められないが危険性の高い反則行為。審判が現認していれば本来一発退場に該当する」とした。調査報告書は、肘打ちをした選手は「執拗(しつよう)なマークを受け続けフラストレーションが高まった状態だった」とし、マークを排除するための行為だったのは明らかだと指摘した。問題のプレー以外でも加害意図をもった暴力行為はないとした。