11日午前8時25分ごろ、滋賀県草津市志那町の農業用排水路で「体の一部のようなものが見える」とランニング中の40代男性から110番があった。首などが切断された胴体部分だけの遺体が見つかり、県警は死体遺棄容疑で捜査を始めた。

 草津署によると、遺体は首と両腕、腰から下の部位がなく、幅3~5メートルの排水路で、ごみなどを板でせき止めている場所に浮いていた。年齢や性別は不明で、着衣はなく、死後数日~数週間が経過しているとみられる。同署は身元や死因の特定を急いでいる。

 現場はJR草津駅から北西に約5キロの田畑が広がる地域。

 近所に住む60代の女性は「朝から警察の車が何台も来て規制線を張り、ただ事ではないと思った。物騒な事件とは無縁の地域なのに」と驚いた様子だった。(共同)