台風21号で浸水などの被害を受けた関西空港で8日、全日空の上海便が離陸し、閉鎖から4日ぶりに国際線の運航が再開した。

格安航空会社ピーチ・アビエーションの12便と再開第1便を含む全日空の2便が離着陸。他の航空会社の国際線離着陸はなく、全面再開のめどは立っていないものの、この日は大きなスーツケースを抱えた乗客が朝早くから次々と訪れ、航空会社の受付に長蛇の列ができた。