ノルウェー西部ベルゲンで9日、グリーグ国際ピアノコンクールの最終選考が行われ、高木竜馬さん(25=ウィーン在住、千葉市出身)が優勝した。

最終選考では高木さんと、ロシア、チェコの男性ピアニスト計3人が競った。ウィーン国立音楽大学に在籍している高木さんは、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。

同コンクールは、ノルウェーを代表する作曲家エドバルド・グリーグの名前を冠しており、2000年に開始。12年からは2年に一度開かれており、今年で16回目。(共同)