大阪府警捜査4課は11日までに、他人の国民健康保険証を使い治療費の支払いを免れたとして詐欺などの疑いで、元K-1格闘家の無職相良正幸容疑者(34=住所不定)と、無職林亮佑容疑者(25=東京都足立区古千谷本町)を逮捕した。

捜査4課によると、相良容疑者は過去に「拳月(けんむん)」のリングネームで「K-1」などの格闘技大会に出場。大阪市の繁華街・ミナミを中心に活動する、暴力団に属さない「半グレ」と呼ばれる不良グループのリーダー格とみられている。

逮捕容疑は2人は共謀し2014年8月下旬、林容疑者が沖縄県内の病院で尻のできものの治療をした際、相良容疑者の保険証を使用。医療費1万6300円のうち、自己負担分を除く金額の支払いを免れた疑い。(共同)