平壌で北朝鮮建国70年の祝賀行事に参加したアントニオ猪木参院議員(75)が11日夜、羽田空港に帰国した。経由地の北京で、北朝鮮側に非常に歓待されたと振り返り「(日本政府は日朝関係改善へ)なんで俺を利用しないのか。みんな器が小さい」と語った。

朝鮮労働党で外交を統括する李洙墉(リ・スヨン)副委員長と8日に会談。日本で腰の手術を受けたばかりで、車いすで移動していた。帰国後、与野党議員団による早期の訪朝を北朝鮮側に提案したと明らかにした。