和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で8月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(雌)と母親良浜の一般公開が13日始まった。赤ちゃんパンダが姿を現すと、詰め掛けた観覧客は一斉に歓声を上げ、スマートフォンのカメラを向けた。兵庫県の歯科衛生士の女性(27)は「最初は小さくて心配だったけど、ここまで成長してうれしい。上野動物園のシャンシャンに負けないくらい人気者になってほしい」と話した。

赤ちゃんは8月14日に同施設で2年ぶりに誕生し、9月13日時点で体長32・5センチ、体重731グラム。名前はインターネットなどで募集している(11月16日まで受け付け)。