ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の関東甲信地方8都県にある19店舗を8月10~23日に利用した計28人が食中毒の症状を訴えていることが14日、分かった。厚生労働省、チェーンを展開するモスフードサービス(東京)が明らかにした。

モスによると、8都県は栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野。長野県の上田保健所が10日から3日間の営業停止処分とした同県上田市のフランチャイズ店「アリオ上田店」以外は店舗名や詳しい所在地を明らかにしていない。

厚労省によると、28人中12人から検出された腸管出血性大腸菌O121の遺伝子の型が一致した。モスは14日、「(店舗が)チェーン本部から納入した食材が原因となった可能性が極めて高い状況だ」と発表した。

上田保健所は10日、アリオ上田店で食事をした4人の便からO121が検出され、店を3日間の営業停止処分にしたと発表。モスはこの際の取材に「他の店で食中毒などの報告はない」として、店での調理に問題があった可能性もあるとして調べていた。その後、他の18店舗で24人の患者が出たことが判明した。

同社は「お客さまからの体調不良の申し出には誠心誠意対応する」とし、食材の検査項目にO121を追加するなどの再発防止策を発表した。(共同)