佐賀県警は20日、女子学生にわいせつな行為をしたとして、同県警鹿島署地域2課の男性巡査(23)を停職6カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で依願退職した。

県警監察課によると、巡査は県内の路上で8月上旬に女子中学生の胸を触ったとして、同月下旬に強制わいせつ容疑で逮捕された。釈放後の任意捜査で巡査は事実を認め、他にも女子高生ら3人に「胸を触らせて」などと声を掛けたことを供述。県警は県迷惑防止条例違反容疑で追送検した。

監察課の川原重樹課長は「事実関係を踏まえ、厳正に処分した。職員に対する指導教育を徹底し、再発防止と信頼の回復に努める」としている。(共同)