旧内閣安全保障室の初代室長を務めた佐々淳行(さっさ・あつゆき)氏が10日午前2時40分、老衰のため東京都内の病院で死去した。87歳。東京都出身。

葬儀・告別式は16日午前11時半から東京都港区南青山2の26の38、梅窓院で。喪主は妻幸子(さちこ)さん。

佐々氏は東大卒。国家地方警察本部(現警察庁)に入庁し、1972年のあさま山荘事件では警察庁警備局幹部として現場の指揮に当たった。

旧防衛施設庁長官などを歴任し、86~89年に旧内閣安全保障室長を務めた。著書に「わが上司 後藤田正晴」などがある。(共同)