青森県教育委員会は12日、18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、同県八戸市立中の男性教諭(42)を懲戒免職処分にした。

県教委によると、2015年5月~17年9月、知り合いの少女に車内やホテルで複数回、みだらな行為をした。今年7月、保護者が教諭の勤務先の学校に連絡して発覚した。

県教委は、昨年11月に八戸市内の飲食店で知人と飲酒中、同席していた女性に向け下半身を露出した特別支援学校の男性教諭(51)を停職3カ月の懲戒処分にしたことも発表した。

記者会見した田村博美教育次長は「県民の皆さまに深くおわび申し上げる」と陳謝した。(共同)