埼玉県川越市職員の30代女性からセクハラ行為を指摘されていた新井喜一市議(68)は12日、市議会議長宛てに辞表を提出、議長は辞職を許可した。新井氏は辞職理由について「事実関係にかかわらず、私が議員でいることで議会運営に支障をきたす」などとするコメントを出した。

女性は、懇親会や飲み会で、新井氏に無理に飲酒を勧められた上、太ももを触られたり、「おっぱい大きかった?」と言われたりしたとして、9月に厳重な処分を求める要請書を市議会に提出。新井氏は「卑猥(ひわい)な言葉を投げかけた事実はない」と否定していた。

市議会は弁護士らで構成する第三者委員会を設置し、事実関係を調査している。

新井氏は8期目で、議長も2度経験。女性が要請書を提出後、本会議を欠席していた。(共同)