マッチングアプリで知り合った女性をデートに装って誘い出し、高額なネックレスを販売したとして、警視庁は9日までに、特定商取引法違反(目的隠匿勧誘など)の疑いで、宝石販売店「Crea(クレア)」(東京都豊島区)の責任者森田宏行容疑者(34=東京都板橋区)と、従業員の男女3人を逮捕した。

昨年6月~今年7月にかけて、被害は首都圏を中心に女性約200人、計9000万円以上に上るとみて調べている。

4人の逮捕容疑は、今年1~5月、スマートフォンのアプリで知り合った20代女性3人を商品販売の勧誘であることを告げずに誘い、ネックレス3点計約120万円を販売するなどした疑い。従業員の男1人は容疑を認め、他の3人は否認している。

警視庁によると「元値は80万円だけど、特別に40万円にする」などと言って売りつけていた。被害女性の相談で発覚した。(共同)