元朝日新聞記者の植村隆氏(60)が、従軍慰安婦について書いた記事を「捏造(ねつぞう)」とされ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの桜井よしこ氏(73)と出版社3社に謝罪広告の掲載と損害賠償などを求めた訴訟の判決で、札幌地裁(岡山忠広裁判長)は9日、植村氏の請求を棄却した。

訴状によると、植村氏が朝日新聞記者時代の1991年に韓国の元慰安婦の証言を取り上げた記事を「捏造」「意図的な虚偽報道」などとする桜井氏の記事が、週刊新潮など3誌や桜井氏のオフィシャルサイトに掲載された。

植村氏側は、桜井氏の記事の影響で、家族を殺害するとの匿名の脅迫状が届き「深刻な人権侵害を受けた」とし「(桜井氏が)事実に基づかず誹謗(ひぼう)中傷している」と主張。桜井氏側は、植村氏が慰安婦と無関係な「女子挺身(ていしん)隊」を意図的に同一視したなどとして、請求棄却を求めていた。

植村氏は文芸春秋などに対しても同様の訴訟を起こし、東京地裁で係争中。(共同)