松江区検は9日、松江市内のホテルにカメラを設置して客の着替えを撮影するなどしたとして、島根県迷惑行為防止条例違反の罪で県立高校の石川智(とも)教諭(35)を略式起訴した。松江簡裁は同日、罰金40万円の略式命令を出した。

起訴状などによると、石川教諭は8月17日の午後7時ごろから翌午前7時ごろにかけて、松江市のホテル室内にアダプター型カメラを設置して宿泊客の着替えを撮影した。(共同)