東京・渋谷のセンター街で10月のハロウィーン直前に軽トラックが横転させられた事件で、警視庁は5日、暴力行為法違反(集団的器物損壊)の疑いで、とび職黒木裕太容疑者(27)や、土建業川村崇彰容疑者(22)ら男4人を逮捕した。

他の2人は、会社員糀原翔大容疑者(20)と美容師国分陸央容疑者(20)。いずれも容疑を認めている。4人に面識はなかったという。

警視庁は事件に関与したのはフランス人やベルギー人を含む計15人とみている。逮捕の4人以外については、10人の身元を特定、さらに1人の捜査を進めており、同容疑で今後書類送検する方針。特定できた10人は事実を認めているという。

逮捕された4人は、横転させた上、車体に乗って壊すなど悪質性が特に高いと判断した。

逮捕容疑は10月28日午前1時ごろ、渋谷区宇田川町の路上で、軽トラックを横転させ、損壊した疑い。

防犯カメラや現場に居合わせた人の撮影した画像の解析、聞き込みから身元を割り出した。

事件はセンター街の路上で、男性が運転する軽トラックが群衆に取り囲まれ、横転させられて車体の一部が破損した。男性は通報しようと運転席から逃げ出しており、けが人はいなかった。男性が渋谷署に被害届を出していた。

今年の渋谷のハロウィーンでは、女性が胸を触られたり、スカート内を盗撮されたりする被害も相次いでいた。渋谷署によると、10月27日夜から11月1日朝、痴漢や窃盗の容疑で計19人が逮捕された。(共同)