6日午後9時半ごろ、川崎市多摩区菅稲田堤1丁目のJR南武線矢野口-稲田堤間の踏切で、男性2人が立川発川崎行きの普通電車(6両編成)にはねられ、死亡した。

神奈川県警多摩署によると、2人は30代とみられる。遮断機が下りた踏切に、酔ったようにふらつきながら入っていくのを目撃した人が、声を掛けたが止まらなかったという。署が詳しい状況や2人の身元を調べている。(共同)