警視庁は7日、署の金庫に預けられた男性留置人の現金10万円を盗んだとして、窃盗容疑で滝野川署警務課留置係の男性巡査長(31)を書類送検し、懲戒免職処分とした。上司の警部らも警務部長訓戒処分などとした。

警視庁によると、巡査長は全額返済し、「お盆の親族の集まりで金が必要だった。給料日に戻すつもりだった」と話している。

警察署では、留置人の所持金を金庫で保管している。巡査長は、留置人の弁当や物品を購入するため、必要額を取り出した際に盗んだという。

送検容疑は8月8日、滝野川署内の金庫から盗んだ疑い。

同署が8月に実施した一斉点検で発覚した。

土屋暁胤・警務部参事官は「警察に対する信頼を損なう言語道断の行為。再発防止に努めたい」とコメントした。(共同)