ゴジラやウルトラマンの生みの親で、「特撮の神様」と呼ばれる故円谷英二監督の業績を紹介する「円谷英二ミュージアム」が11日、出身地の福島県須賀川市でオープンした。

高さ約2メートルの初代ゴジラを模したスーツが展示物の目玉。怪獣のモスラやキングギドラなどの模型約50点も飾られている。

友人と訪れた同県郡山市の会社員寺内幸男さん(47)は「地元の福島県にこんな施設ができて、とてもうれしい。初代ゴジラが須賀川市に現れる映像があり、面白かった」と笑顔で話した。

市民交流センター内にあり、入場料は無料。開館時間は13日までは午前10時~午後5時、それ以降は午前9時~午後5時。火曜定休で年末年始も休業となる。(共同)