片山さつき地方創生担当相を巡る週刊新潮の記事で、暴力団と関係があるとされ名誉を傷つけられたとして、仙台市の60代男性と男性がかつて役員を務めた駐車場運営会社が、発行元の新潮社と記者らに対し、慰謝料など計6600万円と謝罪広告掲載を求める訴訟を仙台地裁に起こしたことが11日、分かった。

訴えによると、週刊新潮は昨年11月22日号に「『片山さつき』と『産業廃棄物』」と題した記事を掲載。片山氏の後援会長になった男性が過去に暴力団と手を組み、仙台市近郊にあった産廃処理場を乗っ取ったなどと報じた。

男性は「記事は事実ではなく、精神的苦痛を受けた」と主張。駐車場運営会社も「企業価値が著しく低下し、損害が発生した」としている。

週刊新潮編集部は「記事は全て真実と確信している。現職大臣と後援会の関係について報じたもので公益性を有し、名誉毀損(きそん)には当たらない」とのコメントを出した。(共同)