積水ハウスが架空の取引で地面師グループに土地購入代金をだまし取られた事件で、警視庁捜査2課は11日、偽造有印私文書行使などの疑いで、逃亡先のフィリピンから強制退去を命じられ、日本に航空機で到着した主犯格のカミンスカス操容疑者(59)=住所、職業不詳=を逮捕した。この事件での逮捕は17人目。

捜査関係者によると、カミンスカス容疑者は、既に逮捕されている内田マイク容疑者(65)と土井淑雄容疑者(63)とともにグループの中心メンバーとされる。積水側との売買交渉に立ち会い、取引を主導したとみられ、捜査2課が事件の全容解明を進める。

逮捕容疑は2017年6月1日、東京都品川区の土地の所有権移転登記をするため、法務局に偽造した委任状などを提出した疑い。

関係者に付き添われてマニラ空港に到着したカミンスカス容疑者は帽子を目深にかぶり、報道陣の問い掛けには無言を通した。捜査員数人に囲まれて足早に航空機に乗り込み、後方の席に着いた。黒いマスク姿で表情はうかがえず、窓の外を眺めたり、時折顔を伏せたりしていた。

昨年10月、所有者に成り済ました羽毛田正美被告(63)ら8人が逮捕される数日前にフィリピンへ出国し、警視庁が国際刑事警察機構(ICPO)を通じ国際手配。昨年12月19日にマニラの日本大使館に自ら姿を見せ、フィリピンの入国管理局に身柄を拘束された。

積水側は17年4月24日、品川区の廃業した旅館の跡地約2千平方メートルの売買契約をグループと締結。同6月1日までに計約63億円を支払ったが、法務局への提出書類が偽造と分かり、移転登記が却下された。

東京地検は、グループの一部を詐欺罪などで起訴。積水側は、別のマンション販売契約をグループと結び、約7億5千万円を預かっていたため、差し引いた約55億5千万円を被害額とした。(共同)