阪神大震災から24年となるのを前に、猛火に耐えて焼け残った防火壁「神戸の壁」のライトアップが12日、保存先の北淡震災記念公園(兵庫県淡路市)で始まった。壁には両手を広げた市民団体のメンバーら24人の人影が鎮魂の十字架として映し出された。

この日はメンバーらが式典を開いて犠牲者に黙とう。壁の歴史や経緯を説明するナレーションに合わせ、1人ずつ壁の前に立った。集まった人は浮かび上がった十字架に祈り、震災を忘れないと誓った。

壁は高さ約7メートル、幅約14メートルのコンクリート製。昭和初期に神戸市長田区の市場に建てられ、震災で猛火が襲っても倒れなかった。被害を伝える遺構として、2009年からは同公園に移設、展示されている。

参加した長田区の北野恵子さん(72)は「まだ24年。各地の地震のニュースを見るたび、人ごととは思えずいまだに涙が出る。これからも語り伝えなくては」と話した。

今回から十字架の人影を来場者が再現しやすいように、立ち位置を示した椅子を設置。ライトアップは午後5時半~10時、17日まで。(共同)