千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、県警が傷害容疑で逮捕した母なぎさ容疑者(31)が「事件数日前から、夫から言われて娘に食事を与えないことがあった」と逮捕前の任意聴取に話していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。県警は父勇一郎容疑者(41)=同容疑で逮捕=がたびたび虐待し、なぎさ容疑者も同調していたとみて裏付けを進める。

捜査関係者によると、司法解剖の結果、心愛さんの死因は不明。極端にやせているといった状態ではなかったが、胃に内容物はほぼなく、県警は事件当日も含め、十分に食事を与えられていなかった疑いがあるとみている。

勇一郎容疑者は事件前、心愛さんを夜中に起こして立たせることもあったといい、なぎさ容疑者は逮捕前の任意聴取に「ずっと立たせるのはやめてと言ったが聞いてもらえなかった」と話した。

捜査関係者によると、勇一郎容疑者は調べに「事件当日は午前10時から休ませずに立たせた。しつけのつもりで、悪いと思っていない」と供述している。

県警は5日午前、なぎさ容疑者を送検した。フードを目深にかぶり、うつむいたまま、しっかりとした足取りでワゴン車に乗り込んだ。

なぎさ容疑者の逮捕容疑は、勇一郎容疑者と共謀し、1月24日午前10時ごろから午後11時10分ごろ、自宅で冷水シャワーを掛けたり、首付近をわしづかみにしたりして擦り傷を負わせた疑い。県警は勇一郎容疑者の暴行を黙認したとみている。(共同)