秋篠宮ご一家が暮らす宮邸の改修工事の間、ご一家が仮住まいされる「御仮寓所(ごかぐうしょ)」が東京・元赤坂の赤坂御用地内に完成し、外観が7日、報道陣に公開された。10日に引っ越し、2021年度末まで住む予定。宮邸の改修工事は今年4月以降にも始まる見通し。

秋篠宮邸の近くに建設された御仮寓所は、鉄筋コンクリート造りの3階建てで、延べ床面積は約1378平方メートル。居間や食堂、個室の他、応接室や執務室がある。宮邸の改修終了後は、職員の事務室や収蔵庫になる。建設費は約9億8000万円。

宮内庁によると、長男悠仁さまの誕生や設備の老朽化などを理由に06年と11年にも宮邸の改修が検討されたが、秋篠宮さまの「より古い他の宮邸の改修を優先してほしい」などの意向で見合わせていた。天皇代替わりで皇位継承順1位の「皇嗣(こうし)」となると活動が広がり、職員も増加することから、今回は約33億円かけて大規模改修し、21年度末までに完成する予定。(共同)