白血病であることを公表した競泳女子の池江璃花子選手(18)に、同じ病にかかった患者の支援団体の関係者は「今は治癒率は非常に高い」「一日も早く回復を」と励ましの声を送った。

NPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」(東京)は12日、ウェブサイトに「選手として活躍されている中、驚き、悔しい思いをされていることと思います。白血病はさまざまな治療法が確立された病気です。一日も早く回復されることを祈っています!」とのメッセージを掲載した。

山崎裕一事務局長は「国民的な期待を背負っていた選手なので『がんばれ』というのは負担になると思った。見守っていきたい」と話す。

患者、家族を支えようと設立された公益財団法人「がんの子どもを守る会」の山下公輔理事長は「白血病にもいろいろな型があるが、医療の進歩で治癒率は総じて高くなった。家族も慌てることなく、冷静に支えてあげてほしい」と話した。(共同)