スターバックスコーヒージャパンは27日、米ニューヨークやシアトルなどに次いで世界で5番目となる高級路線の店舗「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」を28日に東京・中目黒(目黒区)にオープンすると発表した。日本では初出店となる。27日、報道関係者に店内を公開した。

店舗は4階建てで、木を基調にしたデザイン。吹き抜けを利用して設置した大型のコーヒー豆焙煎(ばいせん)機を間近で楽しめる。コーヒーやお茶に加え、カクテルなどアルコール類も提供。オリジナルのマグカップのほか、自転車やトランプなどの商品も取り扱う。ベーカリーも併設する。

米スターバックスのケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は「より高いレベルの体験を提供する。手作りのコーヒーを完璧に提供していく」と話した。

豆をバーボンウイスキーのたるで熟成させたアイスコーヒーは1200円(税抜き)、ウオッカにカカオリキュールなどを合わせたマティーニは2000円(同)。

店舗の設計・建築は、新国立競技場などの設計で知られる建築家の隈研吾氏らが手掛けた。(共同)