家電量販店大手のヨドバシホールディングス(東京)は3日、登山やスキー用品などの専門店を運営するICI石井スポーツ(東京)を月内に買収し、完全子会社化すると発表した。家電以外の分野を強化する狙い。傘下のヨドバシカメラの店舗ビルに石井スポーツが出店したり、ヨドバシの通販サイトでアウトドア用品を取り扱ったりすることを想定している。

石井スポーツ株を保有する投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP)と、4月末までに全株を譲り受けることで合意。AP以外の出資者も同時にヨドバシへ株を渡す見込み。買収額は明らかにしていない。

石井スポーツは1964年創業で、全国に約30店舗を持つ。2016年にAPの傘下に入った。17年にランニング用品などを扱う「アート・スポーツ」から一部事業を継承している。

ヨドバシは18年に酒類販売を始めるなど、店舗やサイトの品ぞろえの多様化を進めていた。(共同)